長時間ゲームで発生する目の違和感対処法

 

ゲームに熱中すると、1日5時間や6時間休憩なしに続けてしまうこともあると思います。
そこで気になってくるのが「目への負担」です。

 

ゲームをしているときは楽しいのですが、ある程度時間が経ってくると目に違和感が出て
きますよね。

人によって症状は異なるのですが、ひどい場合には目に痛みが出てきてしまうことも・・・。

 

ゲームをやっていて目が痛くなる、というのはちょっと怖くありませんか?
症状が進行すると大変なことになりそうですし、日常生活をするうえでも辛いです。

 

今回は長時間ゲームをするとなぜ目に痛みが発生してしまうのか?
さらに目の痛みにはどのように対処したら良いのか、ということを解説します。

 

ゲームで起こる目の違和感、3つの理由

ゲームをするとなぜ目が痛くなってしまうのでしょうか?
こちらで主な原因と考えられる3つにまとめてみました。

 

ひとつずつ確認していきましょう。

 

目の周囲に筋肉痛が発生

ゲームの種類にもよりますが、レースゲームやシューティングゲームをするときは、必死になって目の焦点を画面の様々な場所に合わせようとします。
目のピントを調節する時には、毛様体筋と呼ばれる目の筋肉を使います。

 

たとえば、運動をしすぎると筋肉痛になってしまいますよね。
それと同じことが目にも起こるのです。

 

もう少し具体的にお話すると、我々の目は近くを見るときに水晶体を厚くします。
そして、水晶体を厚くするときに毛様体筋を使っているのです。

 

特にスマホゲームや携帯ゲームをプレイするときは近くを見る機会が多いですよね。
その結果、毛様体筋を酷使することになり、目の痛みにつながってしまうのです。

 

目の乾燥

もしかしたらドライアイが目の痛みの原因かもしれません。

 

通常、目には涙の膜が張られており保湿されています。さらに涙には栄養や酸素が含まれているため、目にとって涙は無くてはならないものです。

 

「涙には、リゾチームという抗菌作用のある酵素が含まれています。そのため、乾燥や細菌感染など、外部からの刺激で目が傷ついたとき、目の表面を清潔に洗い流し、殺菌する効果があります。涙は目の表面を守る役割と、目の痛みを悪化させないように守る役割を担っているのです」

 

しかし、まばたきの回数が減少すると、涙が目に供給されにくくなります。
まばたきが定期的に行われていれば(1分間あたり20回程度)、涙が目に供給されドライアイは発生しないとされています。

 

一方でゲームなどに集中しているときは、まばたきの回数が少なくなります。

 

目が乾燥すると違和感が生じ、なおもゲームを続けると目の疲労が蓄積し、最終的には目の表面に傷ができて、痛みなどが発生するというメカニズムなのです。

 

コンタクトレンズに問題あり

コンタクトレンズによって目が傷つき、痛みが発生する可能性もあります。
日常的にコンタクトレンズを利用しているという方は要注意です。

 

コンタクトレンズの使用で発生しやすいのが角膜の傷です。

 

・角膜上皮びらん(かくまくじょうひびらん)

・角膜浸潤(かくまくしんじゅん)

・角膜潰瘍(かくまくかいよう)

 

などの病気が発生することもあるので気をつけましょう。

 

コンタクトを着けていて痛みが出る方は、眼科で検査を受けてください。

 

ゲームをする事前準備におすすめな3つの方法

ゲームによって目に痛みが発生してしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

 

特に高い効果が得られると考えられる5つの対処法をお伝えします。
ゲーム中に目に違和感がある方は試してみてください!

 

ブルーライト対策を実施する

ブルーライト対策になるのが、「ゲーミングメガネ」や「モニター対策」です。

 

ゲーミングメガネにはブルーライトをカットする材料が入っており、目を傷めにくくなっています。

 

モニター対策については、画面の明るさを抑える方法が効果的です。
ブルーライトをカットできる機能が内蔵されているモニターも増えているので、積極的に活用したいところです。

 

ただ自分のパソコン以外でゲームすることもあるでしょう。
ネットカフェでゲームをしたり、友達の家でゲームをしたりということもあると思うのです。
そのような場合、いちいちモニター対策をする時間がもったいないです。
よってゲーミングメガネを普段から持ち歩くのが良いでしょう。

 

そこでおすすめなのが「G-SQUARE」です。

 

G-SQUAREは専用のゲーミングメガネであり、ブルーライトカットだけではなく光のまぶしさを軽減させる機能まで持っています。

そのため、光の点滅が激しいゲームにも対応できるのです!

 

G-SQUAREは本格的なゲーミング眼鏡であり、プロゲーマーの意見も参考に作られています。

耳の部分にはシリコンラバーを採用しているため、自分の耳の形に合わせられます。
フィット感に優れているので長時間のゲームも苦になりません。

 

目を休める

最も単純な方法ですが、目を休めることも目の痛みの対処につながります。
5時間も6時間もゲームを続けていれば、目はどんどん疲労します。
そこで定期的に目を休めて、目の修復を促進させるという対策法が出てくるのです。

 

ではどの程度の間隔で目を休めればよいのでしょうか?

 

「最低でも1時間のうち10~15分ほどは休憩を挟み、遠方を見て、目を上下左右に動かすといったピント調整を行いたい。」

 

よって、1時間おきに10分から15分ほど目を休めましょう。

また、目をつむるだけでも効果的とされています。じっと画面を見続けないように努力することも大切です。

 

目薬をさす

疲れ目の原因がドライアイである場合、目薬をさすことは目の痛みへの対処法としてかなり効果的です。
目薬をさすことで目に潤いを与え、栄養も補給しましょう。

 

ただし目薬にも様々な種類があるので、適切なものを選ばなければなりません。
ドライアイの方はドライアイ用の目薬を利用しましょう。

 

スマホによる目の痛みにも要注意

ゲームをするときだけではなく、スマホを利用しているときにも目の痛みが発生する可能性はあります。

ラインを長時間やっていた、スマホで動画を長時間観ていた、というようなケースです。

 

スマホを見るときに特に注意すべきことは距離感と角度です。

 

スマホは目に近づけて見る機会が多く、目の焦点を合わせるための筋肉が疲労しやすいです。

スマホを寝転がりながら見上げる姿勢で利用している、という方も多いでしょう。

そのような姿勢を続けると肩や首に負担がかかり、筋緊張による血行不良などの影響が目に出る恐れもあります。

 

ゲームをする機会がほとんど無い方であっても、目の痛みが出る恐れはあるので注意してください。

 

まとめ

今回はゲームのしすぎによって引き起こされるであろう目の痛み原因と対処法について明らかにしました。

 

ゲームによる目の痛みを取り除く方法として、ゲームをやめる、という方法もあります。
しかしゲームは楽しいので続けていきたいですよね。

 

目を守りつつ、ゲームを続けていくためにおすすめしたいのがゲーミングメガネです。
ゲーミングメガネにはブルーライトを大幅にカットする性能があり、目を保護をサポートしてくれます。

 

最近ではヘッドセットの使用を想定したフレーム設計のものも出ているなど、ゲーミングメガネも進化しています。

 

パソコン用メガネにもブルーライトカット機能はありますが、ゲーミングメガネの方がより強力です。ゲームをする方はゲーミングメガネを活用しましょう!