知ってお得、使うと便利!目の疲れを軽減するパソコン用メガネ

パソコン用メガネ

 

私たちの生活に欠かせないスマートフォンやパソコン。在宅生活が長くなることに伴い、スマートフォンやパソコンの使用時間が長くなっていると感じているのではないでしょうか。
またデジタルデバイスをずっと見ていると、目が疲れてきますよね。では、目が疲れてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
そこで今回は、目の疲れを作る原因と、疲れを軽減してくれるおすすめのパソコン用メガネをご紹介します。
目の疲れを感じやすい方には、パソコン用のメガネを取り入れるのがおすすめです。メガネを装着するかしないかで、長時間画面を見続けたときの目の疲れやすさが変わってくるはずですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

スマートフォンやパソコンの使用頻度が上昇している!

 

スマートフォンの普及により、さらにインターネットが身近な世の中になりました。そして、新型コロナウイルス感染症の拡大によってテレワークを導入する企業が増え、パソコンの画面と向き合う時間が増えた方が多くいるのではないでしょうか。
富士通クライアントコンピューティングが行った調査によると、「新型コロナウイルス感染拡大によってパソコンを利用する機会は1日あたりどのくらい増えましたか」という問いに対して、約60%のユーザーが「PCの利用時間が増加した」と回答していることがわかっています。
在宅生活によって、仕事以外の時間でもパソコンを使用することが増え、結果として利用時間の長時間化に繋がっているといえるでしょう。
参考:https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2009/07/news077.html

 

目の疲れを感じる原因とは?

 

スマートフォンやパソコンの使用頻度の増加や長時間化に伴い、目の疲れを感じやすくなっている方が増えているはず。では、目の疲れはどのような原因から起こってしまうのでしょうか。考えられる理由をまとめてご紹介します。

 

原因1.目の周りの筋肉を酷使していること

 

原因のひとつとして、目の周りの筋肉を酷使していることが挙げられます。常に集中してピントを合わせようとしている姿勢が目の疲れを誘引してしまっているのです。

 

原因2.ブルーライトを浴びていること

 

もうひとつの原因がブルーライトです。スマートフォンやパソコンから発せられる光の影響で目が疲れてしまいやすくなるのです。

 

ブルーライトとは

 

では、ブルーライトとはどのようなものなのでしょうか。
ブルーライトとは、可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光で、波長が380~500ナノメートルの青色光のことを指しています。可視光線とは人の目で見える光のことで、ブルーライトはその中でも最も波長が短いものをそう呼んでいます。
ブルーライトはスマートフォンやパソコンなどのディスプレイに多く用いられているため、長時間見続けることで目に疲れを及ぼしてしまうと考えられているのです。

 

ブルーライトが及ぼす影響とは?

 

ブルーライトは強いエネルギーのため、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしまうことが特徴。そのため、ブルーライトの強いエネルギーに耐えるために瞳孔を縮めようとすることで、目の筋肉に負担がかかってしまい、目が疲れたと感じてしまいます。
網膜へのダメージだけではなく、目の疲れや痛みを感じることも、ブルーライトが及ぼす影響であると考えられています。さらに、ブルーライトは目だけではなく肌や睡眠の質にも悪影響を及ぼしてしまうといわれているのです。
ブルーライトを浴びることにより、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌を抑制。メラトニンは分泌されることで眠気を感じるものなので、分泌を抑制してしまうと、適正な時間に眠気を感じにくくなってしまいます。
メラトニンは、光が少なくなると分泌される仕組みになっており、夜になると眠気を感じやすくなるのはこのメラトニンが作用しているからなのです。それをブルーライトによって妨げると、体内時計が崩れ、寝つきが悪くなったり生活リズムが崩れたりしてしまうでしょう。
生活リズムの乱れは仕事の質に響いたり、自律神経のバランスを崩してしまったりすることにも繋がるので、寝る前にブルーライトを浴びないことや、日中にブルーライトをカットしてくれるアイテムを取り入れるのがおすすめです。
また、ブルーライトは肌のハリや弾力をキープするのに大切な細胞へもダメージを与えてしまうので、目だけではなく肌のブルーライト対策も並行して行なうと安心です。

 

パソコン用メガネを取り入れよう

 

日常的にスマートフォンやパソコンを利用する人や、目に疲れや痛みを感じがちな人におすすめなのが、パソコン用メガネを使うことです。
最後に、いくつかおすすめのパソコン用メガネをピックアップしてご紹介します。

 

G-SQUARE アイウェア / Casual Model / Unisex Type / メタルフレーム

 

「G-SQUARE」は、プロのeスポーツ選手も愛用するブランドのメガネで、長時間でも心地よく使用できるところがポイントです。
元々はeスポーツ選手のために作られていたアイテムばかりだったため、従来モデルは主に男性向けだったものの、「G-SQUARE アイウェア / Casual Model / Unisex Type / メタルフレーム」は性別問わず使えるユニセックスなデザインに作られているため、女性でも気軽に取り入れられます。
スマートフォンやパソコンを使うときに手軽にかけられるメガネで、そのまま普段使いもできるところが魅力。メタルフレームがスタイリッシュさも叶えてくれます。

 

G-SQUARE アイウェア / Casual Model / Unisex Type / セルフレーム

 

G-SQUARE アイウェア / Casual Model / Unisex Type / セルフレーム」は、先ほど紹介したモデルと同じユニセックスタイプで、男女ともに使えるデザインが特徴のパソコン用メガネです。
パソコンやスマートフォン使用時はもちろん、普段使いとしても活躍してくれること間違いなし。フレームがメタルタイプよりも存在感があるセルタイプなので、よりメガネらしさを感じられるモデルです。
さらに、ブルーライトカットに加えて、光のまぶしさを軽減させるコーティングが施されているので、長時間使っていても目の負担になりにくいところが嬉しいところ。
おしゃれなデザインなので、コーディネートのひとつとして取り入れてはいかがでしょうか。

 

パソコン用メガネでブルーライトから目を守ろう

 

自分で思っている以上にスマートフォンやパソコンを利用している時間は長いもの。それだけ毎日目や肌がブルーライトに晒されているということです。パソコン用メガネを使うことで、そんなブルーライトから守ることが可能です。
パソコン用メガネというと、デザインのバリエーションが少なかったり、レンズの色がおしゃれじゃなかったりというイメージがあるかもしれませんが、最近ではファッションの一部として楽しめるようなスタイリッシュなものも登場しています。
機能性とデザインを兼ね備えているパソコン用メガネをぜひ一度試してみてくださいね。


2020.12.08 ブルーライト
Language