目が悪くない人もメガネをかける時代

 

メガネというと、「目の悪い人がかけるもの」というイメージがありますが、最近、目が悪くない人の中にも、眼鏡をかける人が急増しています。

 

ではなぜ目が悪くもないのに眼鏡をかけるのでしょうか。キーワードとなるのがブルーライトカットです。今回は目が悪くない人であっても、メガネをかけた方がよい理由に迫ります。

 

ブルーライトカット用のメガネとは

ブルーライトカット用のメガネは通常のメガネとどこが異なるのでしょう。

 

ブルーライトをカットするメガネ

ブルーライトカット用のメガネは、その名の通りブルーライトカットを目的としたメガネです。パソコンやスマホ、太陽光などから発せられるブルーライトをカットする働きがあります。

 

最近は電化製品のほとんどにLEDが使われるようになっていますが、LEDからは青色の可視光線が多く出ています。青色の光線は波長が短いため、長く見続けていると目が疲れると考えられています。

 

ブルーライトカット用のメガネを使うシーン

ブルーライトカット用のメガネは、デスクワークなどパソコン仕事をする人、また長時間ゲームをプレイする人などに愛用されています。スマホを長く見る傾向のある人にもおすすめです。

 

また太陽光にもブルーライトが多く含まれているので、アウトドアや野外での運動が好きな人や、外での仕事をする人にも利用者が多いです。

 

目が悪くない人にブルーライトカットメガネを勧める3つの理由

普通、メガネは目の悪い人がかけるものですが、目が悪くない人にもブルーライトカットメガネを勧める3つの理由があります。

 

仕事の能率がアップを期待できる

現代はデスクワークが主流となっており、長時間パソコンと向き合っている人も多いと思います。長時間パソコンの画面を見ていると、目が疲れ集中力を低下させてしまいます。

 

ブルーライトカットメガネを装着していると、目の刺激となる可視光線の量を減らすことができるため、仕事の能率アップが期待できます。

 

体内時計を調整できる

ブルーライトに限ったことではありませんが、長時間パソコンやスマホを見ていると、自律神経のバランスが乱れ、体内時計(=概日周期:サーカディアンリズム)を狂わせることが分かってきています。

 

「夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、サーカディアンリズムを乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も、そのひとつでしょう。」

 

引用元:ブルーライト研究会 「ブルーライトとは」

 

ブルーライトカットメガネを着用すれば、睡眠の質を低下させることを防げるため、体内時計を正常に保つことが出来る訳です。

 

ストレスなくゲームをプレイできる

長時間ゲームをしていると、目が疲やすくなると言われています。特にFPSなど焦点の切り替えが強いられるゲームをプレイしていると、目の周りの筋肉が収縮して硬くなり、血行が悪くなる可能性があります。

 

血行が悪くなると栄養状態も低下するため、ますます目が疲れやすくなるという悪循環に陥ります。このような事態はプロのゲーマーに限らず、ゲーム好きにとってはなるべく避けたいものです。

 

ブルーライトカットメガネを着用していると、可視光線の刺激から目を守れるので、裸眼でディスプレイを見ているよりも目が疲れにくくなります。そのため、目が悪くない人にもブルーライトカットメガネはおすすめなのです。

 

ブルーライトカットメガネの選び方

ブルーライトカットメガネにもいろいろなタイプがありますが、どのようなことを重視して選ぶのとよいのでしょう。

 

フィット感を重視する

例えば仕事中にブルーライトカットメガネを着用したときに、すぐにずれてしまうようではかえって作業効率が低下してしまいます。

 

またとっさの判断を強いられるようなアクションゲームをプレイ中にメガネがずれてしまうと、ストレスの元となってしまいます。

 

そのため、眼鏡を選ぶ時にはフィット感を重視することが重要です。できれば店頭でメガネを手にとってみて、自分に合うか試してみるとよいでしょう。

 

ブルーライトカット率を考える

ブルーライトカットメガネには、どの程度ブルーライトカットをカットするのか、カット率が設定されています。例えば明るい場所でパソコン仕事をするのであればカット率も低くて構いませんが、暗い場所でスマホを見るような場合、高いカット率が求められます。

 

またホラー系のゲームをするときに、部屋を暗くして雰囲気を出すようなケースもあるでしょう。明るい場所での使用が多い場合はカット率の低いメガネを使い、暗い場所での使用が多い場合はカット率の高いメガネを選ぶとよいでしょう。

視覚効果が損なわれないものを選ぶ

特にゲームをする場合なのですが、ブルーライトカットメガネを使うと、画面が黄っぽく見えてしまうことがあります。

 

そのため、ゲームの種類によってはプレイ感が損なわれるケースもあります。そこで、格闘系のゲームをするのであればブラウンのレンズ、FPS系のゲームをするのであれば、グレーのレンズを選ぶとよいでしょう。おすすめのメガネは「G-SQUARE」のゲーミングメガネです。

 

目が悪くない人もブルーライトカットで目を保護しよう

・ブルーライトカットメガネには可視光線から目を保護する働きがある

・ブルーライトカットメガネはデスクワークの人ややスマホ愛用者におすすめ

・ゲームをするときにもブルーライトカットメガネが有用

・自分に合ったブルーライトカットメガネを選ぼう

 

朝から晩まで明るい光に曝されている現代人にとって、目を保護することは、実はとても重要なことです。パソコン仕事はもちろん、スマホを長時間見るような人も、目を守らないと目が疲れてしまいます。

 

目を酷使するゲーマーにとってもブルーライトカットメガネがおすすめです。