ブルーライトをカットする仕組み

 

スマートフォンやPC等の液晶から発せられるブルーライトは、私たちに様々な影響をもたらします。
だからこそ、日頃からブルーライトに触れる機会が多い方は、ブルーライトをカットするメガネをかけたほうが安心でしょう。

 

ブルーライトをカットするメガネはその名の通り、目に入るブルーライトをカットし、目の負担を和らげるメガネです。
PC用メガネやゲーム用メガネなど、利用用途に合わせていくつか種類がありますので、シーンに合わせて使い分けると効果的でしょう。

 

なぜブルーライトをカット出来るのか?

ゲーミンググラスなど、ブルーライトをカットするメガネはいくつか種類がありますが、どうしてブルーライトをカットする効果があるのでしょうか?
その理由は、ブルーライトをカットするメガネのこのような仕組みが関係しています。

 

特殊カラーを使ってブルーライトをカット

ブルーライトをカットするメガネはサングラスのようにレンズそのものに色がついているタイプがありますが、この色にこそブルーライトをカットする秘密があります。
特殊な染料を用いて染色されているレンズは、ブルーライトをレンズに吸収する効果があるため、目に届くブルーライトの刺激を軽減する事が出来るのです。

 

コーティングをしてブルーライトをカット

眼ブルーライトをカットするメガネの中には、普通のメガネと見た目が変わらない、透明なレンズもあります。
こちらのタイプはレンズそのものにコーティングをしていることが特徴で一般的に二種類あります。
一つは蒸着によるコーティングで反射を利用したブルーカットになり透明感は高いがレンズの青い反射が強くなる傾向があります。
二つ目は特殊カラーによるコーティングで染色技術を利用したブルーカットになり反射は非常に少ないがレンズが黄色っぽくなる傾向があります。

 

PC用メガネを選ぶポイント

ブルーライトをカットするメガネの代表格とも言えるPC用メガネの場合。
ブルーライトのカット率が高いことはもちろん、オフィスで使っても大丈夫なデザインかどうかも選ぶポイントとなります。

 

カラーレンズが使われているタイプの場合、一見サングラスのようなオシャレなタイプのメガネもありますが、オフィスによってはNGです。
接客をすることがある場合は特に、誤ってかけたまま接客してしまうと失礼になってしまいますので、カット率だけでは無くデザイン性も注意して選びましょう。

 

ゲーム用メガネを選ぶポイント

通常のPC作業用メガネではなく、ゲーム用としてブルーライトをカットするメガネを選ぶ場合、ブルーライトをどの程度カットしてくれるかはもちろんのこと、このようなポイントを抑えておくことも大切です。

 

色味に注意

ゲーミンググラスやゲーミングアイウェアの場合は特に、あまりにも色がついているメガネですとプレイに支障が出る場合もあります。
せっかくの鮮明な画面が台無しになってしまう事もありますので、色味が強すぎないアイウェアを選んだ方が良いでしょう。

 

視角が広く使いやすい

ブルーライトをカットするメガネによっては通常のメガネの形をしているタイプ以外にも、フレームが目の端に入らないほど視角が広く取られているタイプもあります。
レンズが出来るだけ大きいタイプの方がプレイの邪魔をしませんので、ゲーミンググラスやゲーミングアイウェアを選ぶ際にはサイズ感も意識してみると良いでしょう。

 

装着具合

長時間装着する場合は特に、装着具合も重要なポイントです。
長時間装着していても疲れないようなタイプを選ぶ事で、耳への負担を減らし、プレイにも集中出来るでしょう。

 

また、ゲーミンググラスの場合はヘッドセットを装着する場合もあるかと思いますが、ヘッドセットを付けたときの装着具合も確認することが大切です。
ヘッドセットを付けたときに違和感が出るようなタイプは、長時間つけていると負担になる可能性があります。

 

ブルーライトをカットするメガネで快適に過ごす

ブルーライトをカットするメガネは近年進化を遂げており、まるでつけていることを忘れるほど快適な商品が増えています。
デスクワークやゲームプレイの際にも役に立つアイテムですので、長時間ブルーライトを見続ける機会が多い方こそ、持っておくと便利でしょう。

 

特にゲーム用メガネの場合。

ゲームは強い光や激しい点滅などが起こる事も多く、目への負担が大きい場合が多いですので、優秀なゲーミンググラスを持っておくと安心してプレイを楽しめます。