メガネをかけると目が悪くなるのはメガネが合ってない可能性も?

 

「メガネをかけると目が悪くなる可能性がある」とか、「目が悪いのにメガネをかけないでいると、余計に目が悪くなる」など、視力についてはいろいろな説がありますが、いったいどれが正しい情報なのでしょう。

 

今回はメガネと視力との関係、目を保護するメガネの選び方を紹介します。

 

目が悪いとはどんな状態なのか

目がいいとか悪いとかよく言われますが、実際に目が悪いとはどんな状態のことを意味するのでしょう。

 

主に近視のこと

目が悪いといった場合、一般的には近視のことを指すケースがほとんどです。近視とは近くのものは見えるものの、遠くのものが見えない状態を言います。

 

近視のメカニズム

目の構造はカメラの構造と非常によく似ています。カメラでいうところのレンズが、目の角膜や水晶体であり、目のピントを合わせるのは毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれる筋肉です。

 

目から入った映像が目の奥にある網膜にちゃんと映し出されると、ピントが合って見える訳です。目が悪くなると、ピントが合わなくなるため、網膜に正しい情報を送り届けられなくなります。その結果、見たものがぼやけてしまうのです。

 

近視になっているときは、ピントが網膜よりも前になっているため、見たものがぼやけてしまいます。近くのものを見るときにはピントが網膜に近づくので、近くのものはよく見えるのです。

 

近視の人が遠くを見るときに目を細めるのは、目に入ってくる光の量を調節することで、カメラでいうところの「絞り」を絞るからです。正常な視力の人が目を細めると、光の量が減少するので反対に見えにくくなります。

 

目が悪くなる理由

これだけ医学や科学が進歩しても、いまだに目が悪くなる理由はよく分かっていません。目が悪くなる理由としてよくあげられるのが、遺伝と環境的要因です。

 

親の視力が悪い場合、子供の視力も悪くなる傾向があるようです。ただ遺伝だけでなく、生活習慣も大きく影響していると考えられています。

 

また暗いところで本を読んだり、長時間パソコンのディスプレイを見ていたりすると、目が悪くなるなどといわれます。ただ、そのような環境でも目のいい人はいるので、一概に環境的要因によって目が悪くなるとも言えないようです。

 

メガネをかけると視力の低下は進行するのか

結論から言うと、メガネをかけることで視力の低下が進行することはありません。メガネをかけて近視が進む場合、一因として矯正の程度に問題があると考えられています。

 

昔は視力を矯正すると近視が進むので、矯正を弱めにするのが一般的でしたが、最近になって矯正の程度が弱いと、かえって近視を進行させることが分かってきました。そのため、メガネをかけるとハッキリ見えるのが理想だということです。

 

メガネが合っていない

視力を矯正する程度が弱かったり、逆に強すぎたりすると、視力悪化を進行させることが分かってきているようです。

 

視力の矯正程度が弱い場合を「低矯正」、視力の矯正程度が強すぎる場合を「過矯正」と言いますが、いずれも目への負担を強いることとなり、かえって目に負担がかかります。

 

目を酷使している

目の構造はカメラとよく似ていますが、目のピントを合わせるのは毛様体筋の役目です。ところが、目を酷使すると毛様体筋が硬くなり、ピントを合わせづらくなります。それによって目が悪くなってしまうのです。

 

デスクワークなどで長時間ディスプレイを見ている人や、ゲームを長時間プレイしてモニターを見続けている人の場合、毛様体筋が緊張して目を悪くする可能性が高くなります。

 

ブルーライトを浴びている

最近になって、ブルーライトが目に悪いと言われるようになってきました。ブルーライトは波長の短い可視光線の一種で、物質を破壊する力が強いとされています。

 

例えば波長の短い紫外線は、人体にとって有害とされています。日焼けの元になるだけでなく、皮膚がんのリスクファクターになることでも知られています。

 

最近はパソコンやスマホ、テレビやゲーム機などにLEDがよく用いられていますが、LEDからはブルーライトが多く発せられています。そのため、それらの電化製品を長時間見続けることで、目が悪くなると考えられているのです。

 

視力を悪化させないためのメガネの選び方

視力をこれ以上悪化させないためには、メガネの選び方が重要です。

 

自分に合ったメガネを選ぶ

先述したように、視力矯正効果が低くても高く過ぎても、視力の悪化を誘発します。そのため、かけることでハッキリと見えるメガネを選ぶべきです。

 

眼科を受診し、自分に合ったメガネ選びを手伝ってもらいましょう。

 

ブルーライトカット用メガネを選ぶ

パソコン仕事をしている人やスマホを長時間見ている人、ゲームが好きな人などはブルーライトカット用のメガネを選ぶとよいでしょう。目が悪い人だけでなく、目がいい人も将来の禁止を予防するため、使用を検討するのがおすすめです。

 

特にゲームを長時間する人には「G-SQUARE」のゲーミングメガネがおすすめです。ヘッドセットとの相性も良く、長時間ゲームをプレイしていても気になりません。

 

目に負担をかけないためにはメガネ選びが重要!

 

・目が悪いとは一般的に近視のことを意味する

・目が悪くなるハッキリとした原因は分かっていない

・目の酷使によって目が悪くなるリスクを高める

・完全矯正のメガネやブルーライトカット用のメガネがおすすめ

 

視力はいったん悪化してしまうと元に戻すのが困難です。そのため、自分に合ったメガネを選び、視力を悪化させないことが重要です。

 

近視の人は低矯正や過矯正ではなく、完全矯正のメガネをかけるようにしましょう。長時間パソコン仕事をする人や、ゲームをプレイするひとには、ブルーライトカット用のメガネがおすすめです。