【お知らせ】棚卸に伴う出荷一時休止のご案内:4月27日(土)~29日(月)、5月3日(金)~6日(月)≫詳しくはこちら


実は節約?目薬より眼鏡をおすすめする理由


 

⽬薬は費⽤がかさむ、最後まで使いきれない…
そんな⼈への⽬のケアに「眼鏡」をおすすめします!

 

 

メガネをおすすめする3つのポイント

 

① 視⼒補正は重要

②「めんどくさい」を解消

③ 節約につながる

 

①視⼒補正は重要

 

視⼒補正をすることは、⽬のケアに⼤変効果があります。デジタルデバイスの普及により、私たちの⽬は常に画⾯に焦点を合わせています。

これにより、眼精疲労やその他の視覚関連の問題が増加傾向にあります。

 

正しい視⼒補正は、⽬の負担を軽減し、⻑時間の画⾯作業や読書などの活動に耐えるのに役⽴つでしょう。定期的な視⼒検査と適切な補正は、健康な視覚を維持する上で不可⽋ではないでしょうか。

 

※ただし、適切な眼鏡を選ぶためには、眼科医や視⼒専⾨家の指導を仰ぐことが重要です。

≫度付き対応の眼鏡を⾒る

 

 

②「めんどくさい」を解消

 

⽬薬は、「使⽤するのを忘れる」「点眼する⼿間がかかる」、また「使⽤期限が約1∼3ヶ⽉と短いため、使いきれず、廃棄してしまう事がある」など、めんどくさがりな⼈にとっては少しわずらわしさがありませんか?

対して眼鏡は、使⽤期限がレンズが約2年、フレームが約3年∼5年と、⼀度適切にフィッティングされれば、⻑時間使⽤しても快適です。

 

つまり、装着するだけで常時負担軽減につながっているため、⽬薬のように点眼する「⼿間」や「ランニングコスト」が軽減されます。
≫フレームを⾒る

 

 

③節約につながる⻑期的なコスト

⻑期的なコストの観点で眼薬と眼鏡を⽐較すると、⼀般的には眼鏡が経済的との統計が出ます。⽬薬は継続的に購⼊が必要で、特に視⼒の問題が進⾏する場合、そのコストが増える可能性があります。

 

⼀⽅、眼鏡は初期コストが⾼いものの、保守費⽤と更新頻度が⽐較的低いため、⻑期的に⾒るとコスト効率が⾼い選択肢と⾔えるのではないでしょうか。

 

<ランニングコストの比較>

・目薬のランニングコスト:
平均的な目薬の価格:約10ドル〜20ドル/本
目薬の使用頻度:1日に2回(朝と夜)
1本の目薬が約1ヶ月間持つと仮定
1年間の目薬のコスト:約120ドル〜240ドル

 

・眼鏡のランニングコスト:
初期費用:フレームとレンズの平均価格は約200ドル〜400ドル
レンズの更新頻度:約2年に1回
フレームの更新頻度:選択に依存し、約3年から5年
レンズクリーニングと保守コスト:年間約20ドル

 

※上記の数字は一般的なガイドラインであり、実際のコストは以下の要因に影響を受けることがあります:
視力の問題の深刻さ、フレームとレンズの選択、メーカーやブランドによる価格の変動、処方箋、レンズの種類etc

≫おすすめの眼鏡を⾒る

 

 

⽬のケアにお勧めのメガネ!「G-SQUARE」



≫商品を⾒る

 

目の健康と快適さを考えると、眼鏡が持続的な解決策として非常に有用であることが理解できるのではないでしょうか。眼鏡を検討することで、日常生活を快適に過ごすことができるかと思います。眼鏡の選択に関しては、専門家の意見を求めることをお勧めします。あなたの目に合った眼鏡を見つける手助けを提供してくれるでしょう。

 


2024.03.22 G-SQUARE
 
人気記事ランキング
Language